電源ソケットや滑り止めシートがオススメ

自動車用品として販売されているアイテムは数多くラインアップされていますが、車内で使用することに関しても、便利に活用することのできるアイテムが用意されています。便利な小物としては電源ソケットを挙げることができます。ソケットはシガーライターのソケットに接続するタイプが一般的に用いられており、通常では1つのソケットしか利用することができませんが、自動車用品として用意されているものの中には3つや4つのソケットを利用できるものがあります。使用目的としては、自動車用として対応している電化製品や、携帯電話の充電用としても活用でき、レーダー探知機などの電源用としても使うことができます。通常ではエンジンキーを抜いてオフにした場合では、ソケットの電源も切れる仕組みの車種が多く、バッテリーに負担を掛けずに利用することもできます。また、特殊な素材で作られている滑り止めシートも非常に便利に活用できます。例えばダッシュボードなどに乗せておくことによって、財布などの小物がある場合では、シートの上に乗せると走行中であっても、殆どのケースで動くことなく固定させることができます。また、カード類や小銭などの小さなアイテムでも乗せることができ、通常走行の振動ならば十分に対応することができます。

持っていると便利なもの

車内にあると便利な小物類として挙げられるのが、何といってもドリンクホルダーと喫煙者にとっては灰皿ではないでしょうか?最近の自動車には、あらかじめ購入時より付属しているものが多く見られます。しかし、古い自動車に乗っている人や、付属していても運転者にとって使いずらい場所についている人にとっては、自分で購入し、使いやすい場所に設置することが望ましいでしょう。また、それらの小物類が使いにくい場所にあると、運転に支障をきたすこととなり、重大な事故になりかねません。特に後者においては、ダッシュボードの中央下部に取り付けられていることがほどんです。右利きの人が多い日本人にとっては、右ハンドルの自動車に乗る場合はタバコを左手に持ち変えるか、右手を身体の前にクロスさせて、中央下部まで持ってこなければなりません。また、中央下部にあるということは、タバコの灰を落としたり、消したりする際に視線を落とさなくてはなりません。これでは前方不注意となり、事故につながってしまいます。では、どこにあるのが望ましいのでしょうか?それは前方で、さらに利き手よりにあるのが望ましいと言えるのではないでしょうか?そこでカー用品店などで購入できる、小物類であり、自分の好きな場所に設置できる灰皿が大活躍することになります。

あると便利な車内小物

念願のマイカーを手にいれて、休日は車のお手入れをしているという方も多いのではないでしょうか。これがあると意外と便利な車内小物はご存じでしょうか。
今はほとんどの人が持っている携帯。特にスマートフォンは運転時にカーナビやドライブレコーダーとして使えるなど侮れません。そんな時はダッシュボードに取り付けるスマホスタンドです。角度を変えれるだと画面が見やすくてなおいいですね。付属して、シガーソケットに付けるUSBポート。今は百均でも携帯やゲーム、iPodなどのUSB充電コードが売ってますので、組み合わせる事で車内で簡単に充電できるようになるのです。これならカーナビ使用中に電源が落ちてみちがわからない、というトラブルも心配ありません。
また、車内のゴミはただの袋に入れてはいませんか。車用のゴミ箱は、動いて転ばないように底に仕掛けがしてあるものがほとんどです。蓋付きだと、中がみえなくてスマートですね。
そして、音楽好きな方におすすめなのはFMトランスミッターです。これは、オーディオプレーヤーを繋いで車のラジオから音楽を流す機器で、iPodなどを愛用している方はこれを使えばそのまま車でも同じ音楽が聞けるのです。難しい設定も必要なく、トランスミッターの周波数とラジオの周波数を合わせるだけです。シガーソケットに付けるタイプが殆どですが、USBポート付きのものだとさらにいいですね。
生活スタイルによって変わる便利アイテム。あなたも、カー用品店で探してはみませんか。

車との適合も大切

チャイルドシートとは事故の時に子供を守るために必要なセーフティーツールとして、6歳未満の着用が義務づけられるようになりました。
一口にチャイルドシートといっても実に様々な種類がありますので、ふさわしいものを選択するためにはしっかりと下調べをしておくことが大切になります。
まずは自分の車にフィットするサイズなのかどうかを確認することが必要になります。なぜなら、その車に不適当なものを選んでしまいますと、車にしっかりと装着できず、万が一の事故にはその機能を十分に発揮することができないからです。
その点でお店には車種別の適合表がおいてありますので、確認することができます。自分ではよく分からないということもあるかもしれませんが、お店の方に相談すれば親切にアドバイスしてくださるのでとても安心です。
また前もってインターネットなどで情報を得ているなら的確なものを見出しやすくなります。
さらに、実際に車に乗る子供の年齢や体格によってもサイズが異なってきますので、どの時期からどの時期まで使用したいのかをまず考えて、メーカーの説明書に記載されている、対応表を目安として良いものを選ぶことが鍵となります。
子供を守るためにもチャイルドシートの選択はとても大切です。

6歳未満の子供を乗せるのに義務付けられている

道路交通法により、義務化されているチャイルドシート。6歳未満の子供全てに義務付けられていることは皆様ご存じでしょうか。
チャイルドシートにはいくつか種類があり、成長によって使い分けていくものが殆どです。
新生児から使えるものはベッドのように水平状態になるものや座席が回転するものもあり、ほとんどが三歳くらいまでしか使用できません。基本的に座席に固定したチャイルドシートに赤ちゃんをのせ、さらにベルトにて固定するものになります。赤ちゃんの腰が座る九ヶ月頃までは衝撃を緩和するためにも後ろ向きで使用なければなりません。サイズも大きいので車によっては狭く感じる事もあります。また、頑丈な作りのため値段が高くなります。
三歳くらいからは、座席に背もたれが付いたものが使えます。新生児用よりも安価で、シートベルトをそのまま使うので付け外しも簡単です。ただし、体格が小さいと使えないことがあるので規格を先にチェックしておきましょう。
もう少し大きくなってから6歳までは、底上げ形の椅子のようなチャイルドシートを使います。背もたれを外すとこのタイプになるチャイルドシートもあるので、その形だと買い替えをせずに済みますね。これはあくまでもシートベルトの位置を調節するためなので、きちんと使用しないと首などにベルトが引っ掛かる可能性があります。
6歳未満の大切な命を守るためにも、正しくチャイルドシートを使用したいですね。

チャイルドシートについて

赤ちゃんが産まれると必ず必要になるのがチャイルドシートです。
病院から自家用車で退院するという人はすぐに必要になりますので、出産準備品として揃えておく必要があるのです。
最近では新生児から7歳まで長く使用できるタイプのものも販売されていたり、シートが回転して乗せたり降ろしたりすることが簡単にできるようなタイプのものも販売されています。
今までのシートはシートベルトで固定するというタイプが主流でしたが、最近では座席の背もたれとシートの間で固定するタイプのものも出てきました。こちらの方がシートベルトで固定するよりも揺れませんし安定するのでおすすめです。
赤ちゃんは抱っこしたまま車に乗るものというイメージを持っている50代60代の人たちにこういったことを話すと、そんなものはなくても大丈夫と言う人が多くいるのですが、法律で決められているということをしっかりと理解してもらうことが必要なのです。こういったことが赤ちゃんの命を守ることにつながります。
1歳くらいになるとあまり長時間座りっぱなしというのも飽きてしまうので、長時間運転しなければならないという時はパーキングエリアなどで休憩をこまめにとって赤ちゃんをリフレッシュさせてあげることも必要です。

車内の香りにもこだわりを

新車の時には、新車独特の良いにおいがしますが、時に立つにつれてそれも薄れていきます。

車内の嫌なにおいを消すにはどうしたらよいのか。
消臭剤でも、匂いはある程度は消すことができます。消すことが出来るのは匂いだけですので、ドライブで他人を乗せた時はどんな反応されるかが気になります。

で、使えそうなのが芳香剤です。家庭用やトイレ用だけではなく、最近では自動車用のものもドラッグストアやカーショップで販売されています。
家庭用同様に車内にラベンダーやピーチなどの匂いが漂いますので、嫌な臭いが消えるのは家庭用と同じです。
そして、家庭用と違い自動車ですので面積が小さいです。
ですので、ラベンダーやピーチの匂いが車内に持続的に続きます。これであれば、ドライブでだれかを乗せても匂いで嫌な顔をされずに済みます。
その種類も、家庭用と同じ据え置きタイプとシガーソケットに装着するタイプと様々な種類があります。

快適なドライブには欠かせないアイテムと最近思われるようになり、特に女性ドライバーが利用しているケースが多いです。
誰でも、タバコくさかったり変なにおいがする自動車でドライブなんかしたくありませんし、快適に過ごしたいのが本音です。

長時間座っているシートをクッションで見直す

車を長時間運転する際の悩みと言えば身体の痛みです。
シートに長時間座っているのは案外大変ですので、腰やお尻に痛みが出てしまう事も少なくありませんし、特に腰痛持ちだったりしますと余計に辛いものです。
そういった時にはクッションを役立ててみるという選択肢があります。
緩衝材の役割をしてくれますので、腰やお尻の負担を軽減してくれます。
また、アイテムによってはホールド感が高くなりますので、運転をし易くなるというメリットもあります。
実際にそういったアイテムを利用する際には、アイテムを選びをしっかりと行う事が大切です。
似たようなアイテムというのは沢山ありますが、各アイテムによって性能が違っており、中にはあまり効果に期待ができない物もあります。
折角購入しても出番が無くなってしまうのは勿体無いものですので、その為にもアイテムの比較をしてみる必要があります。
比較をする際には口コミをチェックしてみると良いでしょう。
口コミを見れば購入者の感想を知る事ができますので、実際に購入された方がどういった感想を持っているのかを知る事ができますし、そういった感想を参考にする事で簡単に評判の良いアイテムを見付ける事ができます。

車内を快適にするグッズにはどんなものがある?

移動手段として便利な車。通勤、通学などで毎日乗る方も多いのではないでしょうか。そんな車だからこそ、車内は快適に保ちたいものですね。
空気を整えるものとして考えられるものはやはり芳香剤でしょうか。置くだけで車内を心地よい香りで満たしてくれます。最近は種類も増え、液体タイプや固形タイプ、エアコンの送風口に取り付けるタイプなど様々です。形もバリエーションに富んでいて、香水のような瓶の形やサイコロ、動物の形に植物の形のものもあります。キャラクターとのコラボ商品も増えてきているので、そちらも要チェックですね。匂いが苦手、という方には消臭のみのタイプもあります。
手軽に車内の雰囲気を変えたい時にはシートカバーもおすすめです。シートそのものが汚れてしまうとなかなか洗い流すことはできないのですが、カバーをかけておけば外して丸洗いできるので衛生的でもありますね。レザータイプやファータイプなど素材も色も様々なので、車の内装にぴったりのものが見つかるかと思います。全面をきっちり覆うものから簡単につけ外しができるものまで形も色々なので自分が扱いやすいものを選ぶといいですね。
毎日乗る車、車内環境を整えて気持ち良く運転をしたいものですね。