持っていると便利なもの

車内にあると便利な小物類として挙げられるのが、何といってもドリンクホルダーと喫煙者にとっては灰皿ではないでしょうか?最近の自動車には、あらかじめ購入時より付属しているものが多く見られます。しかし、古い自動車に乗っている人や、付属していても運転者にとって使いずらい場所についている人にとっては、自分で購入し、使いやすい場所に設置することが望ましいでしょう。また、それらの小物類が使いにくい場所にあると、運転に支障をきたすこととなり、重大な事故になりかねません。特に後者においては、ダッシュボードの中央下部に取り付けられていることがほどんです。右利きの人が多い日本人にとっては、右ハンドルの自動車に乗る場合はタバコを左手に持ち変えるか、右手を身体の前にクロスさせて、中央下部まで持ってこなければなりません。また、中央下部にあるということは、タバコの灰を落としたり、消したりする際に視線を落とさなくてはなりません。これでは前方不注意となり、事故につながってしまいます。では、どこにあるのが望ましいのでしょうか?それは前方で、さらに利き手よりにあるのが望ましいと言えるのではないでしょうか?そこでカー用品店などで購入できる、小物類であり、自分の好きな場所に設置できる灰皿が大活躍することになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。